大分県宇佐市安心院町の里山で減農薬栽培で育てたお米です。生産から販売まで家族で行なっています。
SINCE 2008/10/15
    ◇ 2019年10月・・・新米販売中 ◇
MENU

里山での米作りの紹介
お米の栽培履歴
農機具の紹介
減農薬への取組
使用肥料と肥料特性
ヒノヒカリの特徴と歴史
ひとめぼれの特徴と歴史
御飯の美味しい炊き方
お米の価格と送料
特定商取引に関する表記
お米の生産地
ご意見、ご注文お待ちしてます!ご注文、ご意見お待ちしてます。
上記をクリックしてもメールが送れないときは直接下記アドレス入力をお願いします。
futinoue318@movie.ocn.ne.jp
かわの農園の日々の 農作業と趣味等の日記
日々の農作業と趣味等の紹介です。

 りンクページ
オフロードバイク専門のページです。


かわの農園
減農薬で育てたお米の販売
販売品種…ヒノヒカリ・ひとめぼれ

大分県宇佐市安心院町下毛2032-15
河野 博信
携帯 090-9571-7447    メール  
自宅 0978-44-2217      かわの農園ブログ
メールをクリックしてもメールが送れないときは
下記アドレスの直接入力をお願い致します。
futinoue318@movie.ocn.ne.jp
   2017年10月 稲刈り
ヤンマーコンバインGC328です。
平成14年頃の型だと思います。
平成22年に中古で購入、購入時の使用時間は約490時間でした。



☆☆☆ 大分県宇佐市安心院町からの産直米 かわの農園 ☆☆☆

☆里山でお米の減農薬栽培に取組んでいます。
米作りで使用する農薬は、種子消毒を含めほぼ2回です。
当地域の慣行的栽培方法の50%~70%ほど減らしています。詳細については農薬についてをご覧ください。
※稲の種子消毒は60度のお湯に10分間浸ける温湯消毒で行うので農薬は使用しません。(写真)
種子の温湯消毒
☆お米の栽培環境
自然に恵まれた里山で、田んぼは山間に点在してしています。昼と夜の温度差がありモチモチした美味しいお米が出来ます。土壌は赤土と粘土で米作りに適した土壌です。
米作りの様子を里山の米作りでご覧頂けます。
☆生産情報開示
かわの農園では、肥料・農薬の使用量・回数・種類等の栽培履歴(トレーサビリティ)を開示しお客様と『顔の見える信頼関係』を築くことを目指しています。
☆お米の生産地
集落で一番良い田んぼ。 大分県北部に位置し駅館川の支流で佐田川の上流、大分県宇佐市安心院町矢津で米作りに取組んでいます。
山に囲まれ昼と夜の温度差がある静かな里山です。
田んぼの場所を生産地でご覧頂けます。
☆経営概要
平成26年より「ひとめぼれ」の作付け面積が増えました。
条件の悪い田んぼですが、我家の下の90歳のばあちゃんから頼まれ作ることにしました。
経営規模の小さい兼業農家です。
栽培品種
作付面積
収穫時期
ひとめぼれ
  70.0a
  9月中旬
ヒノヒカリ
  158.1a
  10月初旬から
 向中畑への農道兼水路、狭いうえに横は崖。

 You Tube に投稿した動画です。
2018年10月・・・トレーラーでコンバイン運搬

 ↓↓↓↓You Tubeへ投稿した稲刈等の動画へのリンクです。
You Tube へのリンク
 

    ◇ 新 着 情 報 ◇
令和元年10月29日・・・レンタルサーバー”ぶっとび”にログインし、アップローをを試みたら更新できました。
稲刈り・・・10月3日終了
籾摺り・・・10月6日終了
◆送料値上・・・10月1日より消費税増税にともない一律50円値上がりしました。
平成30年11月8日・・・サーバーに写真の転送が出来ん・・・なんで???
送料(2019年10月1日~適用)・・・
   送り先





   サイズ
北海道
東北
関東
信越
北陸
中部
関西
四国
中国
九州
第7地帯
第6地帯
第5地帯
第3地帯
第2地帯
第1地帯
北海道 岩手県
秋田県
山形県
宮城県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
山梨県
新潟県
長野県
富山県
石川県
福井県
静岡県
愛知県
三重県
岐阜県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県
鳥取県
岡山県
島根県
広島県
山口県
福岡県
佐賀県
熊本県
長崎県
宮崎県
鹿児島県
  ~10kg
1650円
1450円
1250円
1150円
1050円
  ~20kg
2050円
1850円
1650円
1550円
1450円
  ~30Kg
2350円
2150円
2050円
1850円
1750円
1650円
 
 ☆☆☆平成31年産米情報☆☆☆
ヒノヒカリ・・・10月6日より販売開始!!
今年も減農薬で栽培、種子の購入から収穫までに使用した農薬は基本2回です。
一部に雑草が発生、7月中旬に除草剤のバサグランを散布(3回目の農薬使用)しました。
10月3日に稲刈り終了、籾摺りは10月6日に終了、今年はトビイロウンカが異常発生し坪枯れが多発、未熟粒が多く昨年に比べ大きく減収となりました。
8月・9月の天候不順も収量減につながったと思います。。
ひとめぼれ・・・9月20日より販売開始!!
今年も減農薬で栽培、種子の購入から収穫までに使用した農薬は基本2回です。
5月に田植、防獣フェンスのおかげで鹿の食害もなく順調に生育。
7月・・・中旬、一部に広葉雑草用除草剤のバサグランの液剤を使用。
今年もカメムシの被害が少し見られますが、他に病害虫の発生無し。
収穫時期に雨が続き、一部の田んぼは収穫時期が遅れました。

◇◇◇我家の米作り、苗作りから収穫までの作業紹介◇◇◇
☆☆☆減農薬で育てたお米です☆☆☆
《農薬の使用は、当地域の慣行的栽培方法の半分以下です》

◇田んぼの耕起・・・11月~5月
水取り・代掻きまでにトラクターで田んぼを2回ほど耕します。


◇畦塗り・・・4月~5月
田んぼから水が漏れないようにするため、トラクターに取付けた畦塗り機で作業します。


◇種子消毒(農薬は使いません)・・・4月
60℃のお湯をはった温湯消毒器に稲の種子を10分間浸け殺菌・殺虫する温湯消毒で行うので農薬は使用しません。
消毒後は種子を水をはった桶につけ芽だしをします。一週間~10日で芽がでます。
種子の温湯消毒
※種子は毎年原種をJAで購入しています。


◇育苗・・・4月~5月
芽が出た種子を播種機で苗箱にまいて、苗箱を苗代に並べシルバーシートを被せ苗を育てます。
播種機は、冠水・種まき・覆土を同時に行う事が出来ます。

種蒔・土入れをする播種機潅水播種覆土
苗箱を並べて苗代作り。

苗の生育状況、約30日で田植が出来るようになります。

◇水取り・代掻き(水田ハローを取付けたトラクターで行います。)
水取り・・・5月
乾いた田んぼに水を入れ水田ハローを取付けたトラクターで掻き混ぜ、水が漏れないようにします。

代掻き・・・5月・6月
田植2日~3日前、水田ハローを取付けたトラクターで整地し田植えが出来るようにします。
代掻き

◇田植・・・5月・6月
1回目の農薬使用、田植前に苗に殺虫・殺菌剤を1箱当たり50g散布します。
ヒノヒカリの苗田植当日の苗家族で苗代作り
2回目の農薬使用、田植え機に取付けた散布機で田植しながら除草剤を散布します。

※農薬の使用は、基本これで終わりですが7月頃にまた雑草が繁茂したときは3回目の農薬使用になります。
雑草の茂った場所にスポットで使用するので、使っても作付面積の3割くらいです。

これ以降、農薬を使う事はありません!!

◇稲の生長・・・5月~10月
田植後は水管理とイノシシ・鹿の被害がないか毎日田んぼの見回り、収穫まで続きます。
7月下旬・8月初めに稲穂がより成長するよう穂肥えを散布します。
5月24日、田植の終わった田んぼ。田植から15日目動力散布機7月18日の田んぼ
8月29日の向中畑9月9日の向中畑実りの秋

◇収穫作業・・・9月・10月
田植から約4ヶ月、いよいよ稲刈りです。収穫した籾は乾燥機で水分15%まで乾燥し、籾摺り・選別・袋詰めを行います。

コンバインで収穫籾の積込み籾の運搬・乾燥籾の乾燥機
籾摺機計量選別機製品の玄米

稲刈り終了後は、各機械の点検・整備を行い今年の農業は終了。










かわの農園 減農薬栽培に取組んでいます。
大分県宇佐市安心院町下毛2013-15
河野 博信
携帯 090-9571-7447
自宅 0978-44-2217
メール
かわの農園ブログ